消費量が圧倒的な北欧のコーヒー事情

北欧は実は一人当たりのコーヒー消費量が多く日本と比べると2〜3倍。

有名なバリスタも数多く輩出しています。

日本のものに比べると浅煎りの豆が多く、ブラックで飲むことがほとんど。

先日はSTOCK FLETHSというカフェに行きました。

ノルウェーのオスロ市内と郊外に数店舗あるカフェチェーン店です。

http://minamina.theshop.jp

http://minamina.theshop.jp

 

ここは世界バリスタ王者であるウェンデルボーやフグレンという東京進出も果たした有名カフェのオーナーをはじめ多くの人材を輩出しています。

 

店内では豆も販売されています。

今回は夏の暑い日にたくさん歩いた後だったので夏メニューのアイスカフェラテとシナモンがたっぷりきいたパンをオーダーしました。

http://minamina.theshop.jp

http://minamina.theshop.jp

 

すっきりとしたとても飲み易い美味しいカフェラテでした。

ここは豆を購入するとコーヒーを1杯サービスしてくれます。

私も帰りに豆を買って、ブラックコーヒーをもらい、飲みながらオスロ市内を散策。

酸味があってやっぱり美味しいコーヒーでした。

実は普段あまりコーヒーを飲まない私ですが、あ、美味しいな!とわかりました。笑

ムンク美術館にも入っていて、ムンク美術館へ行った時にもここのブラックコーヒーとケーキをオーダーしたのですが、たっぷり入ったコーヒーを全部飲み干しもう少し飲みたいな、と思ったほど。

自分でもびっくりしました。

 

ノルウェーのスーパーに並んでいる割と低価格のコーヒーでもとても高品質なのだそう。

コーヒー好きには嬉しい国ですね!

 

では、そろそろ日本へ帰国です・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログは月曜、水曜、金曜に更新中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です